連絡事項

7/1より健康保険を使用した窓口料金が変わります。よろしくお願い致します。

きの整骨院

 草加谷塚駅

  徒歩5分 

 

きの整骨院

埼玉県草加市谷塚町824-9

 

電話でのお問い合わせは

048-

  951-

    2545

 

 

土曜日も夜8時まで!

連絡事項

5/14 きの整骨院から徒歩1分の場所にコインパーキングができました。お車でも安心してご来院ください。

「交通事故治療情報館」に掲載しております。

 http://www.frontrowdvd.com/

交通事故専門ページを作りました。交通事故患者さんを大きくサポートしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

http://kino-koutuziko.jimdo.com/

混雑時間のお知らせです。最近では土曜日、月曜日が混み合うことが多いようです。ですが、待合室で10分から15分くらいお待ちいただければ施術室に入ることは大抵できますので、ご安心ください。せっかく来ていただき、靴の数を見てお帰りになる方がおられますが、施術が終わっている方や付添いの方もいますので、すぐに案内できることもあります。その際は一声おかけください。また、午後には受付スタッフがおりますのでお待たせしにくいかと思います。

じん帯は天然のサポーター

ひざ関節の中央で前後に交差しているのは、「前十字じん帯」と「後十字じん帯」になります。この2本のじん帯は、大腿骨と脛骨をしっかり結び付け、ひざ関節が必要以上に動かないようにしているのです。もし、この十字じん帯が緩んだり損傷したりすれば、脛骨が固定されずに前後にずれやすくなっていきます。

一方、関節を外側から挟んでいるのが「内側側副じん帯」と「外側側副じん帯」です。ひざの内側と外側から、関節と半月板がずれないように押さえているのです。この側副じん帯が緩んだり損傷したりすると、脛骨が左右にずれやすくなるのです。

本来、ゴムバンドのような柔軟性を持つじん帯ですが、激しい力が加わることで、切断されることがあります。じん帯が切れると、ひざ関節はバランスを欠いてしまい、歩行が不安定になります。また、老化によりじん帯の柔軟性が失われていくと、ひざの曲げ伸ばしが困難になります。