連絡事項

7/1より健康保険を使用した窓口料金が変わります。よろしくお願い致します。

きの整骨院

 草加谷塚駅

  徒歩5分 

 

きの整骨院

埼玉県草加市谷塚町824-9

 

電話でのお問い合わせは

048-

  951-

    2545

 

 

土曜日も夜8時まで!

連絡事項

5/14 きの整骨院から徒歩1分の場所にコインパーキングができました。お車でも安心してご来院ください。

「交通事故治療情報館」に掲載しております。

 http://www.frontrowdvd.com/

交通事故専門ページを作りました。交通事故患者さんを大きくサポートしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

http://kino-koutuziko.jimdo.com/

混雑時間のお知らせです。最近では土曜日、月曜日が混み合うことが多いようです。ですが、待合室で10分から15分くらいお待ちいただければ施術室に入ることは大抵できますので、ご安心ください。せっかく来ていただき、靴の数を見てお帰りになる方がおられますが、施術が終わっている方や付添いの方もいますので、すぐに案内できることもあります。その際は一声おかけください。また、午後には受付スタッフがおりますのでお待たせしにくいかと思います。

働き盛りを襲う椎間板ヘルニア

数ある腰痛の中でも、もっとも発症頻度の高い病気、それが「椎間板ヘルニア」になります。「ヘルニア」とは、組織に出来た亀裂から内容物が飛び出す状態の事を言い、椎間板ヘルニアとは椎骨の間に挟まってる椎間板に亀裂が生じ、中身の髄核が飛び出してしまう病気です。

椎間板に亀裂が入る最大の原因は、椎間板自体の変性になります。椎間板の変性は、成長がストップする20歳ころから始まっているのです。

もっとも多いのは20~40歳代で、特に男性によく見られます。ではなぜ、この病気は20~40代男性に多いのでしょうか。椎間板ヘルニアの典型的な発症パターンは、変性が始まり損傷しやすくなっている椎間板に、大きな負荷がかかり亀裂が生じるのです。20~40歳代男性と言えば、働き盛りでデスクワークにしても力仕事にしても、長時間従事してる人が多いのです。つまり、腰に大きな負担をかけてる生活をしてるのが、20~40歳代男性という層であり、そのため発症者が集中しています。